上まぶたのたるみに!アイケアランキング

まぶたのくぼみ、たるみ、目尻のシワは「老け顔」一直線
目元をふっくらさせる美容液でハリを取り戻しましょう!

目元美容液を選ぶポイント

保湿成分がたっぷり含まれていること
目の周りは皮脂腺や汗腺がないため水から潤う力が弱く乾燥しがち。乾燥はあらゆる肌トラブルを引き起こします。
潤いキープ力があること
保湿成分を与えるだけでは一時的な効果しか望めません。潤いを持続させることで初めてたるみやシワに良い影響があります。
低刺激であること
特別皮膚が薄い目元ケアは低刺激が絶対!ほうれい線クリームや普通の保湿クリームを代用するよりも目元専用アイテムを使う方が安心です。

ビーグレン

上まぶたも下まぶたも同時ケアできる画期的目元美容液

ビーグレンの目元美容液のポイントは、有効成分の複数同時配合+成分を長時間滞留できる独自の浸透技術にあります。
目元の悩みは多岐に及ぶことも多いので、悩みに応じた複数の成分が配合されているのはうれしい限りです。
さらに成分を長く留める技術によって、その有用性を効率的に働かせることができます。
乾燥対策はもちろん、目の周りの代謝力を挙げることによって、老廃物が溜まった目の下のたるみもケア。
ハリ感をもたらすことによって上まぶたのたるみもケアするなど、カバー範囲が幅広く、目全体の若返りが期待できます。

パールノーブ

目元のシワ、たるみの大敵、乾燥から徹底的に守る!

夕方になると目尻のシワが目立ってくる、まぶたのたるみ、落ちくぼみがひどくなる…、肌の水分保持能が低いと乾燥が進み、目元は一気にハリを失います。
最初はちょっとした小ジワ程度でも、何もしないとシワやたるみはより深く進行してしまいまうので要注意!
パールノーブは、そんな乾燥が元になって引き起こされるまぶたのシワ・たるみ、目尻のシワ対策におすすめの美容液です。
水分保持能と弾力の元になる成分を低分子化し高濃度に配合。外側と内側を同時に保湿することで潤いキープ力を向上させ、常に潤いに満ちた悩みしらずの目元を作ります。

ホワイトピクシィ リ・アイズ

コンシーラーはもう卒業!クマやくすみを根本ケア

目の下のクマ、くすみや色素沈着があると不健康そうに見えてしまう上、アイメイクの発色も悪くしてしまいます。
しかしどんなに睡眠をとっても、疲れを癒してもなかなかクマが消えない、すぐにできてしまう体質の方もいらっしゃいます。
これまでメイクでごまかしていた方は、ホワイトピクシィ リ・アイズを使ってみてはいかがでしょうか。
アイクリームに含まれる4つの成分がクマやくすみにアプローチし、目周りをワントーン明るく、健康的な印象に仕上げます。

アイケアの基本

せっかく目元専用美容液を使っても、塗布する際に、たたく、こする、力を入れて押す、ひっぱる、などをやっては意味がありません。
より奥まで浸透させたい、たるみを引っ張って広い面積に塗りたい、と言う気持ちはわかりますが、上記で説明したように目の周りはとても繊細。皮膚が引っ張られないように優しく塗らなければなりません。
時間がないときに適当に済ませてしまいがちな方は、朝は避けて時間が取れる夜だけにする、力加減が難しい方は、塗るタイプじゃなく、目元パックにする、など負担が軽減できるように工夫しましょう。

目が大きい方は早めのアンチエイジングを!

目が大きい人は目周りの筋肉負担が大きく、老化が進みやすいといわれています。
チャームポイントの目をより強調させるためにアイメイクを凝りがちなのも老化を進める原因になりますよね。
アイメイクはできれば専用のクレンジングで落とし、負担をかけた分ケアもしっかりするのがきれいな目元をキープには欠かせません。
また、パソコンを使う仕事で、普段から目を酷使している方、コンタクトレンズを常用している方も疲れやすいので都度、眼精疲労を取るのを怠らないようにしましょう。
化粧品に凝らなくても、目薬や目の汚れを取る洗浄液、温浴効果のあるアイマスクなど、スキンケア以外のケアグッズも充実していますし、しばらく外を眺める、目をつぶって休ませる、などのちょっとしたことでも目の疲れを回復させるには効果的です。
一日の疲れを夜のスキンケアだけで回復させるのではなく、こまめに気を使うことでよりアンチエイジングも捗ります。

このページの上部へ