アイケアのはじめ時、ベストタイミングとは?

老化に気付く前にポイントケアを

老け顔に見えるポイントパーツとして目や口元が挙げられますが、それでは目や口元の老化はいつから始まるのでしょうか。

一般的にお肌の曲がり角は25歳と言われていますが、実はお肌が曲がったのが目に見えて、肌に感じて分かるようになるのが、25歳であるというだけであり、実は20歳を過ぎた頃からじりじりと老化した結果が25歳というわけです。ですので、10代後半から、将来にむけてスキンケアをしっかりとする必要があります。25歳の時点では目じりやおでこの小じわが気になり始めます。

そして30代からは新陳代謝のスピートが遅くなる事により、肌のターニングが遅れ、メラミン等が蓄積されるようになる事を始めとして、シミやそばかす、たるみやシワ、くすみなどが目立ち始めます。

さらに40代になるとハリや弾力を失っていき、うるおいや柔軟性が低下し始めます。シワは深くなっていき、くすみも濃く、あごの下や首元、目の下のシワも目立ち始めます。

最後に50代となるとシワはくっきりとなり、女性ホルモンの低下により老人性のシミも出始めますので、注意が必要です。

これらのとおり、年代別でじわじわと老けていきますので、目に見える影響が出てからでは無く、事前からのスキンケアや生活習慣に取り組んでほしいと思います。

このページの上部へ